≪母鹿のつぶやき≫

こんにちは。

菓匠 千壽庵吉宗 奈良総本店の母鹿でございます。

関西も梅雨入りし、傘の離せない日々が続いていますね。

私は、雨が降るとなんとなく心が落ち着きますが

みなさまは、いかがでしょうか?

 

さて、明日6月30日(日)は『水無月を食べる日』。

奈良総本店近くの『春日大社 祓戸神社』前には、

2メートルの『茅の輪』が設けられ、

明日15時から『夏越の大祓式』が行われるそうです。

これからの残り半年間の無事を祈りましょう。

 

その昔、氷を口にすると夏バテしないと言われていたことから

室町時代の宮中では、氷を取り寄せてまで

暑気払いをしたそうです。

庶民には手に入れることができない貴重な物だったため

氷に似せて、作った『水無月』を食べたそうです。

 

当庵でも、明日まで『水無月』の販売を行っております。

残り半年間の無病息災を願って、ぜひお召し上がりくださいませ。

お電話でのお取り置きも承っております。

 

ちなみに、お味は『小豆 (白外郎)』と

『青えんどう豆 (抹茶外郎)』がございます。

もちろん、本日も販売しております!

本日は小鹿たちが全員勢ぞろいしております。

みなさまのお待ちを笑顔でお待ちいたしております。

お足元お気をつけて、お越しくださいませ。