<ちまきってどうして食べるの?>

本日、奈良は快晴!桜も満開を迎え
とっても気持ちの良い絶好のお花見日和です♪

さて、少しずつ暖かくなり
もうすぐ5月ですね!
5月といえば、「こどもの日」!
ちまき

こどもの日といえば、「ちまき」ですよね♪
当庵では、一袋3本入を
5月3日(水)、4日(木)、5日(金)
3日間限定で販売致します☆

皆さんこどもの日に食べる「ちまき」。
どうして食べるの?
どんな意味があるのでしょうか?

「ちまき」は中国から伝わり、
邪気払い・厄払いの力があるとされています。

又、急に暑くなる5月は病気にかかったり
亡くなったりする人も多かったようで、
「毒月」とも呼ばれているのですって!

そのため、こどもの日にちまきを食べると
「無病息災」の意味があり、
こどもに無事に成長してほしい
という願いがこめられているのですね♪

古くは笹の葉でもち米を包み、邪気を払う
五色の紐で縛っていました。

この五色の色が後の
こいのぼりのルーツとなっているそうですよ☆

毎年、当たり前に食べていた鹿美。
そんな意味があったなんて知りませんでした。

和菓子には、人々の願いが
ぎゅ~っと込められているのですね♪

意味を知ってから食べる「ちまき」は
また違う味わいなのでしょうか。
今から販売が待ち遠しい鹿美なのでした♪

すでにご予約承り中です。
お電話でのご予約も承っております。
お気軽にお問い合わせください☆

奈良総本店   0742-23-3003
押熊店     0742-51-8080
学園登美ケ丘店 0742-93-3725
近鉄奈良駅店  0742-27-8822